法律 グレーゾーン

法律のグレーゾーンへの考え方

法律というのは、人の考え次第でどこまでが権利であるかも解釈によりますのでいわゆるグレーゾーンが発生し易くなっていますし、厳密に言うと違法かもしれないが、それほど明確にルールが適応されていない範囲の事を指します。
例えば、最近話題の過払い金と言われているものも昔はグレーゾーンとされていてあまり口うるさくは非難されていませんでしたが、今は弁護士なども協力に味方して借りていた人に、返さなければならなくなっているのです。
なので、これを読んでいるあなたはメリットがあるなと感じてもグレーゾーンに入りそうなやり方は控えるべきですし、過払い金のように後々権利を返還する必要性も生じる事も重々承知しておいて下さい。
後、あまり法律に詳しくない人はどこがグレーなのかを知らないと思いますのでその業界に詳しい人や弁護士に聞いてみるか、最後の手段としては新規の事はあまりしないように気をつけるというやり方で、デメリットを防げます。