法律 グレーゾーン

法律にはグレーゾーンがあります

日本には法律がありますが、かっちりと全て決められているわけではないのです。
法律を解釈するという方法があります。
それは人間の世界は何か決まりきったものだけで成り立っているということではないことを意味しています。
自然は近似によって成り立っているように、法律にもグレーゾーンというものがあります。
グレーゾーンは黒と白の間ということで、はっきりと何かを示しているわけではないのです。
ルールは守らなければならないと決まっています。
しかし、それが全てではなくもしも少し破ってしまったとしても何も起こらないことが多いです。
つまり、なにか悪いことを少し行っていても、最初は警告という形でやめてもらいたいという意見が自分の元へやってくると言うことです。
そしてその時点でやめれば問題は無いとみなすことが多いのです。
何でもかんでも逮捕をするというわけではなく、それでも悪徳な行為をやめないような場合には逮捕という形になると言えます。