法律 グレーゾーン

過払い金返還請求訴訟が増加した理由

今テレビを見ていると様々な弁護士や司法書士の事務所のCMが流れています。
概ね「過払い金を返還請求できます」という内容のCMとなっており、過払い金返還請求訴訟が増えているのです。
貸金業者がお金を貸す時の法律は利息制限法と出資法があります。
利息制限法の上限金利は元本10万円未満で年20%、10万円以上100万円未満で年18%、100万円以上で年15%となっています。
しかし一定の書面を交付するなどの特定の条件を満たせば、先程の金利を越えて利息を支払っても有効な弁済とみなされる「みなし弁済」が行われていたのです。
この「みなし弁済」の上限金利が出資法の29.2%となっていたのです。
貸金業者はこの「みなし弁済」を自分の都合がよく利用し、例えば100万円の借り入れなら金利が15%となるはずが29.2%の高い方の金利を違法に取っていたのです。
この29.2-15の14.2%がいわゆるグレーゾーン金利と呼び、余計に支払った金利分を過払い金と呼ぶのです。
そして2006年に最高裁はグレーゾーン金利を認めない判決を出したので、過払い金の返還請求が増加したというわけです。
なお現在は貸金業の上限金利は利息制限法にだけで規制されています。